食事

介護施設の確認ポイント~食事の献立・食事介助・介護食

介護施設を選ぶにあたって、確認を忘れてしまいがちなのが食事の内容です。
何かと制限が設けられる施設での暮らしで、食事は大きな楽しみの1つです。どんな食事が提供されるのか、イベント時にはそれに合った食事になるのかなど、しっかりと確認しておきましょう。

美味しさにこだわることで、長期的な健康を

サービス付き高齢者向け住宅などでは、個室スペースにキッチンがあり自炊も可能ですが、そうでない場合は施設側が用意してくれた食事をとることになります。

年齢を重ねるうち、1日の活動量が減り、食欲も湧きにくくなってきます。そこで、施設の食事は、栄養バランスだけではなく、美味しさや素材、季節が感じられる食事など、日々の楽しみとなるような工夫があるかどうかも、とても大切なポイントとなります

更には、どんな場所で食事をするのか、食器はどんなものかなど、楽しい食事には様々な側面があります。
体験や見学に行った際には、昼食を試食できる施設もありますので、そういった細かい部分まで確認しておきましょう。

食が細くなることで、体力が落ちて介護度が上がったり、気持ちが落ち込んでしまったり、ということにもつながりかねません。長期的な健康を意識し、食事の内容を見落とさないようにしましょう。

食事の介助サポートは十分か

最初は自分で食事がとれていても、いずれ食事介助が必要になる可能性が考えられるため、食事介助の方針もしっかりと確認しておきましょう。

車いすではなく普通の椅子に座り直して、自然な形で食事を取ることによる、自力での食事を重視しているところもあれば、食事介助は徹底しているのものの、介助が必要な利用者よりもスタッフが少なく、食事が冷めてしまったり、1人で2人の介助をするため慌ただしくなってしまったりなど、施設によって食事介助の実情はさまざまです

食事を楽しい時間にするためにも、食事介助の方針ややり方などは、食事体験の時に自分でも確認するほか、面談の時などに質問事項を確認しておくと安心です。

確認しておきたいポイント

  • 食べる人と介助する人の目線が同じである
  • 介助を行うタイミング
  • お口に運ぶ料理の順番
  • 何を食べているかなどの声掛けがあるか など

介護食の形態切り替え

入居者の食べる力によって、食べやすい介護食に切り替えを行ってくれる施設がほどんどです。

介護食の種類

  • ミキサー食 → ミキサーにかけ、液体状になった食事
  • きざみ食 → 細かく切り刻んだペースト状の食事
  • ゼリー食 → 片栗粉や葛粉によりとろみがついた食事
  • ソフト食 → とても柔らかく、舌だけでもつぶれるような食事

介護施設では、「ミキサー食」や「きざみ食」が主流でしたが、見た目が良くなく、味も均一になってしまうことから、最近では「ソフト食」が人気になってきています。

「ソフト食」は見た目も普通食と比べて遜色がなく、目でも楽しめるうえ、誤嚥(ごえん)も予防できることから、徐々に施設にも取り入れられてきています。

誤嚥(ごえん)性肺炎

肺炎は、65歳以上の方の死因として常に5位以内にランクインしている病気です。この中には、細菌性やウイルス性の肺炎も含まれていますが、高齢の方に多いのが、食事が気管に入ってしまう誤嚥性の肺炎です。

若い方なら回復することが多い肺炎ですが、体力が落ちている高齢者にとっては肺炎といっても死亡に繋がるケースが多く、重大な病気と考える必要があります

また、肺炎によって入院が必要になれば、入院費も別途必要になってきます。もちろん入院中でも、施設には家賃を支払う必要がありますから、出費が重なるため家族の負担も大きくなります。

健康はお金は代えられないものですが、出来るなら誤嚥性肺炎などにならないよう、最初から気をつけたいものですよね。
このようなトラブルが起きないためにも、施設側にどのような対策を行っているのかなど、最初に確認しておきましょう。

このページの上部へ戻る