特集:いま注目の、リバースモーゲージとは。

高齢化が進み、定年後の雇用についても見通しが立たず、日々の生活費や医療費、介護施設や有料老人ホームへの入居費用など、老後の生活資金が不安視される日本で、いま、老人ホームの入居費用や、介護費用に充当したりと、さまざまな利用途に使える「リバースモーゲージ」が注目されています。

リバースモーゲージってなに?そのメリットやデメリットは?ここでは老後の生活を豊かにする手段のひとつとして、リバースモーゲージについて詳しく見ていきましょう。

リバースモーゲージって、なに?

リバースモーゲージとは、簡単にいうと、「持ち家(自宅)を担保として銀行や自治体から融資を受けて、借りたお金は死亡時に自宅を売却することで一括返済する仕組み」のことです。アメリカでは1960年代から導入された制度で、日本でも1981年に武蔵野市が全国に先駆けて、この仕組みを導入しました。

リバースモーゲージを使った融資には、毎月、あるいは毎年一定額が融資される「年金方式」と、融資可能額の範囲内で、まとまった金額を一括して融資を受ける「一括融資方式」、そして決められた金額枠の中で、いつでも好きなだけ融資を受けることができる「随時融資方式」の3つがあります。

有料老人ホームへの入居費用には、入居時にある程度まとまった額が必要なことが多いので、かつてはその入居金を捻出するための自宅を売却するケースが多く見られました。しかし、リバースモーゲージを利用すれば、契約者の生存中は自宅を所有したまま融資が受けられます。自宅があれば、老人ホームの入居後も週末だけは自宅に戻って家族と過ごしたりと、ライフスタイルの幅を広げることができます。

リバースモーゲージは、「逆抵当融資方式」と呼ばれ、所有している不動産の価値評価に基づき設定された貸付限度額の範囲内で、毎月、あるいは一括して融資を受けることができます。受けた融資は、有料老人ホームや高齢者向け賃貸住宅などの入居費用や、介護費用として充てる、あるいは住み替えの費用にしたり、旅行に使ったりと、その使い道はさまざまです(*1)。そして、契約の終了~契約者の死亡~をもって担保となった不動産を売却して、一括で返済をします。

(*1)契約金融機関などによって、予め利用目的が制限されている場合があります。

一般の住宅ローンですと、銀行などの金融機関から貸し付けられたお金で住宅を購入し、毎月一定額を返済していきますが、リバースモーゲージはその逆で、すでに所有している不動産を元に、毎月一定額の融資を受けるかたちになります。まさにリバース(逆の)モーゲージ(担保)という意味そのものです。

リバースモーゲージを利用する場合には、担保とした自宅に住み続けなくてはならないといった条件が付帯していることがありますが、そうした得た資金で老人ホームやケアハウスに入居した場合、誰も住む人がいなくなった自宅が放置されてしまいます。しかし近年、一般金融機関が取り扱いを始めた新しいタイプのリバースモーゲージでは、融資を受けて老人ホームなどに入ったあとの誰も住まなくなった自宅を他人に貸して、家賃収入を得るという使い方もできるようになりました。

厚生労働省の調べでは、65歳以上の単身あるいは夫婦のみで暮らす世帯は、1970年代では96万世帯で全世帯のわずか3%だったものが、2010年には1081世帯で全体の20%に達し、2020年にはこれが30%超となる見通しとのデータも。急速に高齢化が進むなか、自宅を所有したまま融資が受けられるリバースモーゲージに、いま注目が集まっています。

このページの上部へ戻る