リバースモーゲージの用途や申し込みについて

豊かな老後のための生活資金に。老人ホームの入居費用にも

リバースモーゲージで受けた融資の使い道としては、生活資金としてはもちろん、余暇を過ごすための旅行資金として使ったり、いま住んでいる住居のリフォーム、入院時の医療費や介護費用、有料老人ホームや高齢者向け賃貸住宅の入居資金などへの利用が考えられます。また、他の金融機関からの借り入れがある場合、その返済に当てたり、新たな住居への住み替え資金として使ったりとさまざまです。

ただし、リバースモーゲージで融資を受ける場合、融資元の金融機関によって、あらかじめ利用目的が限定されている場合があります。特に公的な機関から融資を受ける場合には、住居のリフォーム費用や医療費、介護施設利用料などにしか使えない場合がありますので注意が必要です。

一般の金融機関のリバースモーゲージについては、公的機関ほど厳しい縛りはありませんが、投機・投資資金や事業資金には利用できないなど、各金融機関ごとに定められた条件があります。ご利用を考える際には、ご自身のお考え~お金を何に使おうとしているのか~と、融資先金融機関の利用条件については確認が必要です。

融資のタイプと、リバースモーゲージならではのメリット。

介護認定された方の場合、以下の様な施設で、各種の介護サービスを受けることができます。

リバースモーゲージを使った融資には、毎月、あるいは毎年一定額が融資される「年金方式」と、融資可能額の範囲内で、まとまった金額を一括して融資を受ける「一括融資方式」、そして決められた金額枠の中で、いつでも好きなだけ融資を受けることができる「随時融資方式」の3つがあります。

有料老人ホームへの入居費用には、入居時にある程度まとまった額が必要なことが多いので、かつてはその入居金を捻出するための自宅を売却するケースが多く見られました。しかし、リバースモーゲージを利用すれば、契約者の生存中は自宅を所有したまま融資が受けられます。自宅があれば、老人ホームの入居後も週末だけは自宅に戻って家族と過ごしたりと、ライフスタイルの幅を広げることができます。

どこで申し込める?

現在、日本国内でリバースモーゲージを取り扱っている金融機関は、都市銀行のほか、一部の地銀、第二地銀、信託銀行と信用金庫などがあり、近年徐々に増加しつつあります。

公的な機関では、厚生労働省主導のもと各都道府県の社会福祉協議会が実施している長期生活支援資金貸付制度のほか、生活福祉資金貸付制度、住宅金融支援機構が提供している「特定個人ローン保険(高齢者一括返済改良等融資型)」などがあります。

このページの上部へ戻る