グループホームとは

認知症など、介護が必要となる高齢者や障害者が、より家庭に近い環境の中、集団で生活することによって、日常生活からの刺激を受けることで、認知症の緩和や進行を遅らせることを目的としてつくられた施設がグループホームです。集団生活型介護と呼ばれたりもします。一般の介護付有料老人ホームとは異なり、介護サービスを一方的に受けるのではなく、入居者の状況にあわせて5~9人のグループ内で、家事などの役割をそれぞれが分担しながら、施設スタッフとともに自立した共同生活を営みます。

地域の催しなどにも積極的に参加したり、周辺住民との交流を行ったり、社会とのつながりを保ちつつ、日々の生活をのものをリハビリの場として活用しています。

グループホームは、地域密着型サービス事業に位置付けられているため、所在の市町村宛に指定申請手続きを行い、所定の設置基準(※1)を満たし、許可を得た事業者が施設の運営を行なっています。

(※1) グループホームの設置基準
利用者と介護スタッフは3:1以上の比率で構成されること/夜間、深夜においては通常の勤務者を1名以上配置すること/居間、食堂、便所、浴室、事務室、面談室などの施設を有していること/住居専用地域に立地していること/利用者の個別支援計画を作成すること/二百七十五平方メートル以上の施設はスプリンクラー設置を義務づけなど。

特徴

  • 医師の診断により認知症と診断を受けた方で、要支援2以上、要介護5までの介護度の方が入居する事ができる。
  • 少人数(1グループ・5人~最大9人)での共同生活。家事や食事などもグループで役割を分担。
  • 家庭的な環境で、地域の催しなどにも参加することがある。

入居の条件

  • 原則65歳以上。
  • 要介護1以上。
  • 要支援2以上。
  • 施設所在地と同じ市区町村の住民であること。(同一地域の住民票が必要)
    ※入居には面談、診断書等の審査が必要です。

入居期間

  • 原則、終身利用。
    ※共同生活が営めない状況になったら退去の場合もあり。

費用の目安

  • 入居一時金 なし~数百万円。
  • 月額利用料 15~20万円程度。(施設や要介護度などにより異なります)
  • 介護保険料1割負担。

施設選びの注意点

  • 特別養護老人ホームなどと比べると費用が割高な面があるので、事前に確認する。
  • 日常生活に支障をきたす状態になると退去の必要あり。
  • 入居者に対してスタッフが適切に配置されているか。
  • 施設面が所定の要件を満たしているか。

グループホームを探す

  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県
  • 徳島県
  • 香川県|
  • 愛媛県|
  • 高知県

このページの上部へ戻る