住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームというのは、食事等のサービスがついた高齢者向けの住宅施設です。 「介護型」とは違い、「特定施設入居者生活介護」を受けておらず、施設のスタッフが介護サービスの提供をすることは原則としてありません。介護が必要になった場合には、訪問介護等の外部サービスを利用する別契約が必要となります。施設内で提供されるサービスは、食事と、緊急時の対応のみとなります。介護付有料老人ホームとの違いは、介護スタッフが常駐していないことと、介護サービスは外部を利用するという部分になります。

近年では、こうした住宅型の老人ホームを別荘的に保有しておき、家族の不在時や介護が必要となったときだけ利用するというようなスタイルをとられる方もいらっしゃいます。施設によってはプールやカラオケなどの娯楽設備や、他の入居者と談話ができる共用スペースがありますので、ライフスタイル別にさまざまな居住スタイルを選択することができます。

特徴

  • 介護の必要のない方が入居できる。
  • 食事など生活に関する日常的な家事サービスが受けられる。
  • 介護サービスの内容を自分で決められるので費用を抑えられる。
  • 介護が必要となったら地域の訪問介護を利用するか、介護付の棟に移動する。(介護サービスの利用料金は別に必要)

入居の条件

  • 自立している。
  • 要支援認定されている。
  • 要介護認定されている。
    のいずれか(原則60歳以上で要介護/要支援の認定を受けていない方が入居可能。施設によっては要支援/要介護の認定を受けていても入居可能)

入居期間

  • 原則終身利用。

費用の目安

  • 入居一時金 なし~数千万円。
  • 月額利用料 15万~35万円程度。
  • 介護保険 1割自己負担。
    (注意:介護度の重い場合、介護サービスの利用回数上限を超えた場合は10割負担)

施設選びの注意点

  • 介護スタッフが常駐していないので、緊急時の即時対応が難しい場合がある。
  • 介護サービスを受けた分だけ費用を支払うため、介護度が低ければリーズナブルだが、逆に介護度が高いほど費用負担が大きくなる。

住宅型有料老人ホームを探す

このページの上部へ戻る