高齢者専用賃貸住宅(高専賃)とは

高齢者専用賃貸住宅とは、自立した生活を希望する高齢者を対象に賃貸している住宅のことで、国土交通省が管轄しています。この制度は、高齢になると入居を拒まれる賃貸住宅が多く、高齢者が住居探しに苦労していることを鑑み、「高齢者の入居を拒まないこと」を条件に、各都道府県に登録した住居への入居を支援するために制定され、老後の住まいの新しいかたちとして期待されていました。

ただ、この制度は、高齢者専用ということ以外には特に決まりがなかったため、広さや設備、付帯サービス等について、登録上の条件はなく、賃貸住宅として登録してもらうだけの制度だったため、広さや設備の状況がバラバラとなってしまいました。また、受けられるサービスも無条件の登録制だったため、実にさまざまな施設が混在する状況になってしまいました。

※ご注意:
平成23年10月20日に、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正法が施行されたことにより、「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」の制度は廃止となり、「サービス付き高齢者向け住宅」に一本化されました。現在この制度は実施されておりませんのでご注意ください。

高齢者専用賃貸住宅について、詳しくは、財団法人高齢者住宅財団ホームページ
「旧 高齢者専用賃貸住宅」
http://www.koujuuzai.or.jp/html/page07_02_08.html
をごらんください。

サービス付き高齢者向け住宅を見る

高齢者向け賃貸住宅を探す

  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県|
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県
  • 新潟県|
  • 富山県|
  • 石川県|
  • 福井県|
  • 山梨県|
  • 長野県
  • 鳥取県|
  • 島根県|
  • 岡山県|
  • 広島県|
  • 山口県
  • 徳島県|
  • 香川県|
  • 愛媛県
  • 高知県

このページの上部へ戻る