高齢者向け優良賃貸住宅とは

60歳以上の高齢者世帯を対象とした公的賃貸住宅です。高齢者の身体機能の低下に対応した設計、設備など高齢者に配慮した良質な賃貸住宅の促進を目的とした「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、バリアフリーや緊急通報・安否確認システムなどの居住環境を備えた賃貸住宅となっています。また、高齢の入居者が安心して住めるように、一定以下の所得の方に対して家賃負担を軽くする措置がとられています。

※ご注意:
平成23年10月20日に、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正法が施行されたことにより、「高齢者向け優良賃貸住宅」の制度は廃止となりました。現在は、同様の仕組みが「地域優良賃貸住宅」制度として各自治体の判断において運営されています。
詳細につきましては、各自治体の窓口にお問い合わせください。
*但し、制度改正前に認可済みの施設については、これまでどおり、一定条件を満たした入居者に対して募集を行なっている場合があります。

サービス付き高齢者向け住宅を見る

特徴

  • バリアフリー化がされ、トイレ・浴室には補助手すりの設置、上り下りしやすい階段、エレベーターの設置がある。
  • 入居条件に、収入の下限なし。※上限はあり
  • もしもの時のために、全戸に24時間対応の緊急通報サービスが備えられている。
  • 家賃の補助が受けられる。
  • 礼金、更新料が不要。
  • 緊急時の通報サービスを利用できる。

入居の条件

  • 60歳以上の高齢者で、単身・夫婦世帯等(入居に係る収入要件なし)
  • 自立した生活が営める状態であること。
  • 月額487,000円以下の世帯所得の方。(一部住宅の入居資格です。)

費用の目安

  • 施設・事業者により異なる。
    ※所得に応じた家賃補助が利用できます

施設選びの注意点

  • 介護サービスは別契約となります。(介護保険1割負担)

このページの上部へ戻る