介護老人保健施設(老健)とは

要介護1から要介護5と認定された方(原則65歳以上)(※1)で、病院を退院し、病状は安定しているものの自宅での生活には不安がある方を対象とした施設です。介護や機能訓練のためのリハビリテーションを中心とした医療サービスを中心に、最終的には自立した在宅復帰を目的に運営されています。現状ではほとんどが医療法人の運営となっており、病院と自宅をつなぐ中間的な施設という位置づけです。

専属のケアマネージャが、利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアプランを用意し、医師をはじめとする専門スタッフがサービスを行います。

最終的に家庭に復帰できるように、機能訓練をしながら日常生活を送るという入居型や、在宅介護の一環として利用されているショートステイ、短期入所などの利用形態のほか、通所でのリハビリテーションサービス(デイサービス)などがあります。自宅で介護されているかたが、都合で短期間介護ができない、あるいは介護疲れなどからの休養期間を得るために一時的に利用するというような使い方もできます。

ただし、いずれの場合にしても、最終的には在宅での復帰を目指すことが目的の施設のため、長期の利用はできません。

入所期間は3ヶ月から長くても1年未満となるため、在宅での介護が行えない場合は、有料老人ホームなど、別の入居先をみつける必要があります。

(※1) 特定疾病に認定された40~64歳の方の利用も可能。

特徴

  • 医療面のサービスが充実している。胃ろうや酸素吸入などにも対応可能。
  • 自宅復帰を目標にしているので、原則として、長期の入居には対応していない。
  • 入所中の介護認定更新で要支援、もしくは自立と認定された場合は退所となる。

入居の条件

  • 原則65歳以上。
  • 要介護1以上。(要支援者は不可)
    ※その他、病気などがない、共同生活が営める等施設毎に条件があります。

入居期間

  • 3~1年未満。

費用の目安

  • 入居一時金 なし。
  • 月額利用料 介護保険1割負担を含め10万円程度。
    (利用サービス、要介護度などで変わります。所得による費用減免もあります)

施設選びの注意点

  • 施設に入所中は、原則として他の病院にかかることができない。
  • 長期の入居ができないので、長期の介護が必要となった場合には別の介護施設を当たらなければならない。

介護老人保健施設について、詳しくは
公益社団法人全国老人保健施設協会
http://www.roken.or.jp/
をごらんください。

このページの上部へ戻る