サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護や医療が必要な高齢の単身、あるいは夫婦世帯の方々が安心した生活ができるように、高齢者に配慮したバリアフリー構造などの一定基準を満たし、さらに介護・医療と連携したサービスをあわせて提供する賃貸住宅のことです。高齢の単身者や、夫婦のみ世帯向けに、2011年10月より、国土交通省と厚生労働省共管でスタート(※1)しました。賃貸住宅ならではの「自由な暮らし」と、施設同様の「介護サービス」が同時に得られることが特色です。

(※1) 同制度の施行により、それまでの「高齢者専用賃貸住宅」「高齢者向け優良賃貸住宅」は廃止されました。

サービス付き高齢者向け住宅施設には、設備面での設置基準が明確化されていて、原則25㎡以上の床面積とバリアフリー化がなされていること、サービス面では安否確認と生活相談を「最低限のサービス」として実施することを義務づけています。日中はケアの専門家が常駐していますから安心です。施設の登録は、都道府県・政令市・中核市が行い、正しく施設が運用されているか、設置事業者への指導監督が行なわれます。

サービス付き高齢者向け住宅については、その設備内容や受けられる介護サービスなどが施設によって非常に大きな幅がありますので、興味を持った物件については必ず実際の住居やサービス内容を確認するようにしましょう。

特徴

  • 賃貸借契約と利用権契約があるが、いずれも事業者側から一方的に解約できない。
  • 介護サービスは希望による別契約。
  • 1室あたりの床面積は原則25平方メートル以上、バリアフリー化されている。
  • 部屋にはトイレや浴室、キッチンなどが備わっている。
  • 管理人による安否確認と生活相談が必ず提供される。
  • ケアの専門家(※2)が必ず日中は常駐している。
  • 介護サービス利用部分には介護保険が使える。

(※2) ケアの専門家とは?
社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員
医師 ・看護師 ・介護福祉士 ・社会福祉士 ・介護支援専門員
ホームヘルパー1級または2級の資格を保持する者のことを指します。

入居の条件

  • 自立している。
  • 要支援認定されている。
  • 要介護認定されている
    のいずれか

入居期間

  • 原則、賃貸借契約。

費用の目安

  • 入居一時金 なし~数百万円。(敷金、家賃・サービス対価(※3)のみ)
  • 月額利用料 7万~20万円程度。(月額食費約4万円を含む)
  • 介護サービス利用分については、介護保険1割負担。

(※3) サービスの内容は施設ごとに異なります。敷金、家賃、サービス対価以外の金銭を受領することは禁止されています。

施設選びの注意点

  • 前払金の算定の基礎、返還債務の金額算定方法が明示されているか。

サービス付き高齢者向け住宅について、詳しくは、
国土交通省HP「サービス付き高齢者向け住宅」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000005.html をごらんください。

サービス付き高齢者向け住宅について、地方公共団体ごとの問い合わせ先は
http://www.satsuki-jutaku.jp/inquiry_list.html
をごらんください。

サービス付き高齢者向け住宅を探す

このページの上部へ戻る