特別養護老人ホーム(特養)とは

「特別養護老人ホーム(特養)」は、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。入居は先着順ではなく、身体上、または精神上、著しい障害があり、介護度が高く、自宅での介護が困難で緊急性が高い方からの順となります。ただ、入居待ちの方は全国で40万人前後いるため、最低でも数ヶ月、長いと数年は待たないと入居できないというのが現状です。

特別養護老人ホームの申込については、各地域により異なるため、お住まいの地域の申込窓口がどこになるのかを各自治体に確認しておきましょう。

特別養護老人ホームでは、施設介護サービス計画に基づき、入浴・排泄・食事などの日常介護や援助、機能訓練などを行います。利用料金は、利用者本人の所得により決まるため、ご家族の負担が発生しにくいという特徴もあります。ただ、近年設置が進んでいる特別養護老人ホームの多くはユニット型と呼ばれ、個室単位での介護サービスが受けられるようになっているぶん、個室料金が必要となり、民間の有料老人ホームとの金額的な差が以前ほどは大きなものではなくなってきています。

特徴

  • 入居の対象となる方は、65歳以上で要介護1~5の認定を受け、常に介護が必要な状態で自宅での介護が困難な方。
  • 公的な施設のため低料金で利用できるが、入居待ちが非常に多い。
  • 近年は全室個室の施設が増えてきている。

入居の条件

  • 要介護3以上。

入居期間

  • 原則、終身利用
    但し、入所中に要支援判定となったり、医療行為が必要となった場合、三ヶ月以上の入院が必要となった場合に退去を命じられることがあります。

費用の目安

  • 入居一時金 なし。
  • 月額利用料 介護保険1割負担、賃料・食費込みで5~15万円程度。
    (相部屋か個室かなどの条件で変わります。所得による費用減免もあります)

施設選びの注意点

  • 入居待ちが非常に多いため、希望したときすぐには入居できない。

このページの上部へ戻る